FALLOUT76 waste lander プレイレポ感想

アパラチアに移住してた時の自宅

2077年10月23日最終戦争勃発、世界は核の炎に包まれた。
それから26年後、Valt-tec社が提供していた核シェルターでresident76は目覚める。
約束の再生の日が来た。崩壊した外の世界へ踏み出して祖国の再建に乗り出そう。

上記が大まかなあらすじ。もう少しわかりやすく言うと核戦争後のアメリカを舞台に文明が崩壊した世紀末世界でのサバイバル生活が始まるよ。

FALLOUT76 
発売 2018年11月14日
対応機種 PS4他
発売元 ベセスダ

洋ゲーではお馴染みのFALLOUTシリーズ最新作。76はオンラインゲームで今作からマルチプレイが出来る。
しかし別に無理に人と絡なくてもいい。むしろ大体の人はみんな基本ソロだと思う。
76はプレイヤーのアバターを作成して舞台となるアパラチアへ乗り出す。自分の好きなキャラを作成して好きに旅すればいいよ。

こちらは自分のレジデント。レジデントはvalt76の住人を指している。洋ゲーなのでバタ臭いキャラしか作れないが、これは別にfalloutなので構わない。アニメキャラを使いたい人は前作fallout4のPC版でMODを使えば可愛いアニメ調のキャラで冒険できるよ。

自身はPS4版で76を購入しました。NPCにロボットしかいないのが総スカン食らって炎上した時期なので2000円とお得でした。
まぁ、実際やってみると無味乾燥とし過ぎて投げていたけど。
それから月日は流れ、今年の春に大型アプデでwaste landerが追加されました。このアプデでNPCで人間が追加されたことによって従来のfalloutが戻って来た感じあったよね。何かアプデが好評だったのでいっちょもう一度やってみるかーとプレイすると面白く、4月に初めて7月になりようやくクリア。
ただクリアしたのはアプデで追加された人間の派閥が絡むストーリーの方で本編のストーリーは未だに途中という。
3ヶ月という間だったけどアパラチアを巡っていた日々は楽しく、冒険の思い出もあるので記事に残しておこうと思う。

さて何から語るべきだろう。
じゃあ初手は難易度から。

難易度:サバイバルモード


前作のfallout4でいうサバイバルモードが76のデフォルトになっている。
これは空腹や渇きといったステータスが存在して、飲まず食わずでいるとデバフを受けます
そんな状態じゃあ生き残れないからコンビニもスーパーもない世界で食料を見つけよう。
これがvalt76から出てきた最初の状態だと少し辛い。まだ弱い上に立派なCAMPも持ってないので。
モールラットとかいう土中から出てくるモグラネズミみたいなのが最初のご馳走だったりする。廃屋に残された僅かな食料品を漁り飢えを凌ぐ日々。
サバイバルを体験できることに間違いなし。
他のプレイヤーのキャンプに浄水器が置いてあるのだけど、当人が鍵を掛けておかないと精製されたきれいな水を誰でも持ち出せるといガバガバの仕様だった。初期はよくかっぱらっていたことをここで素直に白状しよう。生き残るためだったんだ、すまねぇ。
しかし、今にして思えばわざと開放して持ち出せるようにしていたかもしれない。
というのも立派なCAMPを持つ頃にはどでかい浄水器を持つ事が出来るのでいくらでも上質な水が手に入る様になるために駄々余りする。

戦闘面

オンラインという仕様上か、敵の装甲が固かったりする。多分、パーティーを組んでやることを前提にしているからかと。
エネミーの弱点を突いたり、背後から襲ったり工夫しよう。この世界でひ弱な人類が生き残るには知恵を尽くすしかない。
自分が苦手だったのは焼け焦げたグールというエネミーでレベルが高い上に攻撃力も高い上に固い。初期はこいつに出会うと即死だった。
メタ的なこと言うとこのゲーム、何故か物理で殴るほうが銃より威力あるのでステータスの育成は力偏重でいいかもね。目指せ世紀末覇者!

まぁしぬときは不意にやられちゃうんだけどね。取り合えず最初はレベルを20まで上げよう。
何で20なのかというと20になるとウエストワンダーのクエストが始められるようになるレベルだからだよ。
あと監督官のログはある程度集めておこう。監督官もWLに関わるからだよ。個人的には鉱山にある巨大な採掘機のところのログは取っておいて欲しい。それで監督官の見方は大きく変わると思う。WLと本編を平行して進めると尚更。
各地を旅する中で経験も積んでレベル20になるころにはきっとアパラチアにも慣れてくるかもしれない。

レベル20超えてきたあたりから本格的にアパラチアを巡ると思うのでそこからが本番だ。
世界は広大で秩序なき荒廃した世紀末では弱肉強食が世の中の掟なのだ。

知恵を活かすか、仲間と徒党を組む、自分なりの生存戦略を持ってアパラチアを生き抜こう



レベルの低いうちにこいつと出会ったら即死なので応戦せずにすぐに逃げよう。

ストーリー

ロボットしかいない文字通り錆びついた乾いた大地アパラチアに人々がやって来た。
そう、噂のお宝を求めてやってきたのだ。
それが何と知らないまま良くも悪くも様々な集団、人々とレジデント76は関わることになる。

上記がウエストワンダーのおおまかなプロローグ。
噂のお宝を巡り無法者に絡まれたり、組織への協力を取り付けるために毎度ながら四苦八苦するよ。

今回、主要な派閥としてレイダーのコロニーと入植者の集落が存在します。
まぁ76はどっちに加担してお宝を手にするのかみたいな話の流れって感じかな。
自分はレイダーの方を選びました。
ヒャッハーしたかったというよりかはボスの方針がコロニーの住人に多様性を認めるところが大きかった。
あとは実際にレイダーのコロニーへ行ってみて関わった限りみんながそう悪い奴ではないかなと(狡猾だけど)思う。

なんやかんや言ったけど
真相は自分の足で稼いで掴もう。あなたのその目で見たものが真実だ。

番外:楽曲

アパラチアを冒険しながら聞くと染みる一曲

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です