デススト、ついにクリフ(マッツ)と出会う

しばらく国道建設や配送に従事していたけど、さすがにストーリーを進めようかなと思い4章へ突入。
ついにマッツ演じるクリフと遭遇。
遭遇する前に何やかんや事件があるのだけど、核爆弾は適当にタール湖へ投げ込んでおけばいいよ。

4章メインのクリフであろうと思われるベテラン軍人戦について今回は記述します。
内容は前半が感想、後半は自分の攻略手順です。挑んだ難易度はハードです。
中々勝てなくて何度もリトライしました。

タール湖みたいな黒い水たまりから現れる謎の男、マッツ。
第一次世界大戦時代の兵装をした骸骨の兵士を引き連れて登場。

戦場に迷い込んでしまったサム。訳も分からず出口を求めてさ迷う。
この光景はBF1でみたことある。
のろのろ歩いていると被弾するので走るのが吉。弾が当たったらクリプトオプシスを食べて回復しよう。

よく見るとサムの足元には小魚がいっぱいある。海辺でもないこの戦場で魚が意味するのはビーチ…?

・推察

台風に突如巻き込まれてしまったサム。
待ち受けていたのは激しい戦場でした。
これまで粛々と荷物を運んでいた中で突如、真逆の展開へ突っ走るこの展開。
物語的には山場であり、破とも言えます。
この戦場の光景はデスストのメッセージとはかけ離れた真逆のものです。
荷物を運ぶことで繋がり(縄)を結ぶことを肯定していたのに、この戦場では銃(棒)で他者を排除している。
これは一体どういうことなのか、恐らくプレイヤーに注意を引く意図的な展開です。
クリフは話の立ち位置的にはサムの対極であって、目立つライバルとして配置された役であることが伺えます。


一体何故クリフと対峙するのか、現時点での明確な理由はわかりませんが一つだけ判明しているのはクリフはBBを求めてます。
BBとシンクロしたときにサムが見る夢の内容から察するに彼はBBの父親ではないでしょうか。
クリフがBBを連れて逃亡を謀った際に何らかの理由でビーチへ行ってしまい、そのまま現世へ戻れなくなった?
サムが帰還者なら、クリフは放浪者といったところかもしれません。
ビーチは人の数だけあると作中で明記されているので、ここはもしかしてクリフのビーチとか?
彼の心象風景(ビーチ)として沿うものが戦場なのかもしれませんね。
人との繋がりを持てないで孤立してしまった、孤独な人…と今のところはそんな気がします。

まぁ、まだクリアしてないので正解はわからないんだけどね!

現代装備を身に着けたマッツが待ち構える。
ここからクリフVSサムの塹壕戦が始まる。

先のストーリーを見るためにも、我々プレイヤーはここでクリフを退けないといけない。

塹壕戦


難易度ハードでしか挑んでないので他の難易度のことはわからない。
負け続けるとシステムから君ちょっと難易度変えたらどう?みたいに言われるけど頑なにハードで挑み続けた
あと瀬戸際なのでスクショ撮る余裕もさすがになかった。なので主に記憶を元に文章で語ります。
戦闘のステップが三段階あって順々に説明します。

挑む前に下準備をお勧めします。
ここでは武器血液袋があれば大丈夫です。
対BT兵器やボーラーガンなど今は役に立たない道具類を置いてきましょう。正直邪魔になります。
置いた荷物はクリアした後に戻ってきます。
それからスピードスケルトンがあると機敏に動けるので装備すると良いです。多分これがあるのとないのじゃ大分変わるんじゃないかな。
最後に荷物の最適化をしておきましょう。

・ファーストコンタクト

始発点から前進すると道が二通りに分かれます。
右手を曲がって突き当りまで前進します。 道中に落ちている武器類は拾いましょう。
次に左へ曲がると最奥にクリフの姿が確認できます。
視認してちょっとだけ待つと後ろに振り返り、そのまま後方へ進んでいきます
後を追いましょう。すると背面をとれるので攻撃できます。銃でもいいですが、この時ストランドで拘束することも可能です
この後、三回戦まであるので弾の節約面からストランドを使ってもいいと思います。
一つ注意なのは仲間の骸骨兵が近くにいると無論攻撃されてしまうので、その場合は銃に切り替えた方がいいです。

ただの配達人にしてはえらくキレのある拘束をするサム

セカンドコンタクト

ある程度の体力を削ると一度撤退して仕切り直してきます
その際、クリフの進んだ道には溶岩の後みたいな点々が続きます。
このあと後を最速で追跡しましょう。ここでスピードスケルトンを装備していれば相手がまだひと塊にいる時に追いつけます
追う前に注意するべきなのはサムの体力ゲージの残りを確認すること、血液袋が空なら交換をしましょう。あと空になった血液袋と弾の尽きた銃は捨てて荷物の整理です。
ここでもたつくと相手は分散してしまい、クリフの正確な位置の把握も叶わなくなります
ひと塊のところを追いつけたらグレネードを投げて一網打尽出来ます。相手も避けるので遠慮せずにポイポイといっぱい投げましょう。
残った相手は銃で片付けよう。

・サードコンタクト

三度目の正直。クリフは同様に撤退して仕切り直しをします。
セカンドコンタクトと同様に最速で追跡を行い、ひと塊のところを片付けよう
ここまで来たらあとはプレイヤーの腕前でなんとかなるはず。このステップに来るまでのあなたの経験がきっと支えてくれる。

・マニュアル

素手で挑むのは分が悪いです。(ストランドは除く)
時間が掛かる上に仲間が来るとあっという間にやられます。


隠密で背後とるなんて無理!という人は落ちているショットガンを拾いましょう。連射も出来て威力高い上に当たる範囲も広いです。
デメリットは弾の数が少ないのでいい気になって使うとすぐ弾が無くなります。

四の五の言ってるけど、多分この人の動画見た方が手っ取り早いよ。
でも上手すぎて逆に参考にならないかも。
見た時、ひとりでMGSⅤしてると思ってた。

・終わりに

謎が謎を呼ぶ展開、謎の男クリフ。
4章は急展開でとても面白いです。
でもそれは4章までに色んな人々へ荷物を届けた前提があるからです。

デスストは本来、荷物を運ぶのがゲームのメインです。
FPSの様なシューターを期待するとガッカリすると思います。
デスストは荷物を運ぶことで人と人の繋がりを再認識できるのがこのゲームの特徴です。
崩壊したアメリカ、荒涼とした大地で孤立した人々に主人公サムが荷物を届け、自分の歩みで繋いでいきます。
色んな住人がいるのですが、やはりお気に入りの相手というものが自然と生まれます。
自分の場合はおじいちゃんでした。親密度は☆5です。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です