過去の没タイトル作品を振り返る会「明智と小林」編

リントンを描く前にも無論、漫画を描いていた。
それなりに持ち込みの遍歴があるので今回は没になってしまった作品を紹介しようと思う。

上記のキャラは紹介する「明智と小林」のメインキャラクターである主人公とヒロインの二人。
右が主人公の小林、左がヒロインの明智
舞台は現代日本でジャンルはジュブナイルミステリーサスペンス。
どんな話なのか、下記にプロットを記載します。

導入

作中の季節は7月。舞台は日の本大学付属私立武蔵野高校 。
動画のネタ探しが見つからず寮へ戻る小林。
寮に着くと自室が燃えている現場に遭遇する。
小林はおもむろに携帯のカメラで火事の様子を撮影。
小林「ハローYouTube、今日は俺の自室が大炎上している様子を撮影しようと思いま〜す」

プロット起

後日、お昼時。
校庭の木陰で昼飯を食べながら昨晩に投稿した火事動画が10万再生超えたのを確認する。
携帯を眺めていると後ろから明智に声を掛けられる。
明智「小林ぃ、君が投稿した炎上動画を見たぞ。何か面白いことに巻き込まれたな?」
明智にからかわれる小林。
小林は明智から事件について調べようと持ち掛けられる。
最初はめんどくさがる小林だったが、動画のネタになると説得されてそれなら明智を被写体に事件を追ってもらう構図で撮影を決める。

男子寮前に着いた2人。
小林の部屋には黄色のテープが貼られている。
午前中は警察が検分に来ていた。
燃え尽きた部屋からは炭しか見つからない。
何か小瓶もあったが溶けてよくわからない。
そこで明智が小林の最近起きた身近なトラブルについて聞き出す。
小林はアメフト部の退部を告げる。
明智が詳細を尋ねるが小林は続きを離さない。
午後のチャイムが鳴り授業が始まる。
続きは放課後にして一旦お開き。

プロット承

小林のクラスでは午後の授業は体育。
明智は別クラス、教室で教科を受ける。
明智の席は窓際で校庭が一望出来るのだが、金髪の頭は遠目からでもよく目立った。

小林は体育で100m走に挑む。
他のクラスメイトを抜いて一位でゴール。
その様子を見た明智のクラスメイト(遠巻き達)が小林の噂を話す。
実は明智さんと付き合っているだとか根も葉もない内容ばかりだが、1つ確かなのはコーチに楯突いてアメフト部をやめたことが認知されている。
髪もそれから染めたらしい。

放課後、 明智を待ちぼうける小林。
学友からの視線が痛い。
長らくしてから明智が現れ廊下で合流した2人。
とりあえず指針を話し合う。
明智の考えでは
警察は不審火なら不審人物について捜査をするだろうから、私達はそれとは違う方向で調査をしよう。
彼女の推測では小林の部屋に火を付けたのは学園内の誰かだと告げる。
学内に見知らぬ人が居れば目立つし、生徒も教師もすぐにわかる。
正確な動機はわからないが、多分怨恨だろう。
そこで君に対して恨みを持つ相手は誰かいるのか聞かれる小林。
小林は重い口を開いて明智に告げる。
「いるとすれば、俺が退部したアメフト部しかいない。誰よりもあいつらに1番迷惑を掛けた」

明智は一人、納得した様子で頷いた後、 放火について唐突に切り出す。
実は君の部屋が炎上した原因は火炎瓶だと告げる。
小林はわけが分からず困惑気味だが 明智は構わず話を続ける。
火炎瓶に使う材料は○○、○○、砂糖。
これらは学内でも比較的容易に揃う。
そこで化学準備室の鍵を拝借して所在を確認したところ、○○と○○だけ瓶ごと無くなった後があった。
紛失したそれらは恐らく小林の部屋に投げ込まれたものに違いない。
では、一体誰が投げ込んだのか。
現場では寮生や管理人からの目撃証言がない。
ないということは誰にも見られない位置から瓶を投げ込んだかもしれない。
そうなると茂みからになるが、寮から茂みはざっと30m以上の距離がある。
この距離から目標に投擲出来る人物はかなりの強肩な人物になる。
アメフト部で強肩な人物はいないか明智に聞かれ。
小林はそれならクォーターバックが当てはまるが、かつてQBをしていたのは自分と答える。
しかし、明智の説を聞いて小林は当時補欠でQBの二番手をしていた奴が思い浮かぶ。

プロット転

アメフト部専用グラウンドでは部員達が各々練習をしている。
遠くからコーチが選手達に怒鳴り散らす。
かつてQB2番手、現1番手の山田(仮称)の元にふと明智が現れる。
練習終わったら学校の屋上に来てください♡キャピッ!
みたいなことを伝えるだけ伝えて明智は去ってしまう。
山田は胸のうちに期待を抱きつつ練習後に屋上へ向かう。

屋上に向かった山田。
扉を開けて屋上に出るとそこにいたのは 栗毛の美少女ではなく、金髪のヤンキーだった。
後ろから明智が扉を閉め、鍵をかける。
拳を鳴らして山田を脅迫する小林。
山田は1秒で観念して土下座。
責め立てられる前から洗いざらい全て告白する。
確かに小林の部屋に火炎瓶を投げ込んだのは自分だが、実は瓶が火炎瓶だと知らず脅迫されてやっただけらしい。
小林は誰に命令されたか追求すると山田は 下駄箱に手紙と瓶が置いてあって誰かはわからない。
手紙にはビールを飲酒している姿を納められた写真が送付されており、
ばら撒かれたくなければこの瓶を小林の寮室へ投げ込めと書いてあったと素直に告げる。

場面が切り替わり、職員室にいる明智。
コーチのデスクを漁っている。
明智が中を確認すると なんと瓶はあったものの、中身が空っぽだった。

この先の展開が色々問題ありすぎて当時の担当編集者A氏に没をくらってしまう。
過激というかセンシティブというか、結末としては後味の悪いものでもあったのでそのせいかもしれない。
このブログでは載せられそうにない。すまんな。

プロット結

後日、新聞の一面に昨晩の大炎上が載る。
紙面には身元不明の遺体が見つかったと書かれていた。
その記事をネットニュースで眺める小林と明智。
明智が小林に昨晩一体何があったのか尋ねる。
小林は奴が自滅しただけと告げる。

話題を切り替える様に
またボクシングを再開したことを明智に教える。
だから、ジムに行かないといけないらしい。
明智にもうアメフトはやらないのか聞かれ。
小林は「道は違えたらもう戻らない」
その顔はどこか晴れやかだった。

総評

また舞台が燃えてる。畑といい寄宿舎といい何故か冒頭で舞台が燃えている。
全てを公開出来ず半端な形での公開となってしまい申し訳ない。
自分では気に入っていた話だったものの形に出来なくて残念といったところ。
現在はリントンのほうをメインで描いているので恐らくこの話はプロットのままだろう。
キャラの設定も練ったのにもったいなぁと思う。
なので最後にキャラ設定も公開しておきます。

明智

姓名、明智
氏名、小呂々(ころろ)
性別、女性
年齢、17歳
身長、149cm
体重、42kg
利腕、左手
視力、1.0
髪色、オレンジに近い栗毛

身体的特徴、
髪型は後ろで結んだゆるふわお団子

来歴、
東京都出身、文京区団子坂に実家がある
地元の小、中学校を卒業して
日の本大学付属私立武蔵野高校へ首席で入学する
部活動は中学時代に文芸部、現在は無所属

人間関係、
実家は団子屋
両親は健在で仲は特段悪いわけではない
小林葦雄とは幼稚園からの幼馴染
彼を振り回してきたが当人には自覚がない
人付き合いを好むタイプではなく
交友も友人も昔から少ない
かといって誰に依存するわけでもなく
常に1人でふらふら行動している

能力、及び資質、
勉強はかなり出来る
入学試験で首席になれるくらいには
やろうと思えばもっと偏差値の高い学校にも行けた
が、基本的に自分と同じくらい頭の良い人間を毛嫌いするので少し偏差値を落とした学校にした
勉学も出来るが、推理も得意で人の痕跡から行動を推定出来る
あくまで行動の推定で、行動の予測は不得意
運動はそれなりに出来るものの、大して好きじゃない

性格、
一見可愛いらしい容姿とは裏腹に
物事を理詰めで考え、ロジカルシンキングで話す
辻褄の合わないことが嫌いで合理性を好む
ある種、計算高いところがあるものの
人間という不確定要素を捉えきれずにいる
そのためか人間関係に疎く、世渡りも上手くない
同世代の同級生が動物にしか見えないためか
態度は尊大だが、低い身長と容姿から自分の意思に反してキャラ的に周囲から愛されている
本人はその事にまったく気づいていない

行動原理、
人間関係を捉えきれないところから
周囲の人間やひいては社会に対して自分を認めさせようとするため承認欲求が大きい
そのためかインスタやツイッターで自撮りを投稿していいねを集めることに躍起している
彼女の資質や能力は世間一般の大人に比べても大きく秀でるところあり、本人も自分の能力に自信がある
能力を見せびらかしたいところがあって
事件や問題へ自ら首を突っ込みたがる

趣味または嗜好、
実家が団子屋という成り立ちから
幼い頃からよく団子を食べていた
そのため好物は団子、中でもみたらし団子が好き

小林

姓名、小林
氏名、葦雄(よしお)
性別、男性
年齢、17歳
身長、175cm
体重、69kg
利腕、右手
視力、1.5
髪色、白に近い金髪(例、GACKT)

身体的特徴、
跳ねた金髪、感情表現すると無意識のうちに出る八の字眉毛

来歴、
東京都出身、地元の小、中学校を卒業後
日の本大学付属私立武蔵野高校へスポーツ特待生で推薦入学する
中学時代は部活動に属していなかったが
ボクシングジムへ通いつめていた
学生部門のスーパーライト級王者になったものの
ウェルター級のトーナメントでは準優勝
高校入学前にやめてアメフトへ転向する

人間関係、
実家は普通にサラリーマンの父と主婦の母
ペットは犬と猫がいる
明智とは幼稚園からの幼馴染
昔から彼女に振り回されて
起こした問題を代わりに肩代わりしてるうちに周囲と合わせるのが得意になる
クラスメイトと程々に良好な関係を保ってきた
ある種、世間ずれしてる
グレた以降は付き合いが限定されるものの
明智よりも交友は広い
表面的に仲良く出来るが
人と深く関わることがない
ウェルター級のトーナメントで出会った王者から
独りで闘っていることを諭され
他者と協力することを学ぶきっかけになる

能力及び資質、
勉強も運動も平均以上に出来る
特に運動の方に秀でており体育の成績はトップ
リレーではアンカーを務めてきた、100mの記録は12秒
ベンチプレスの最重量記録は90kg
アメフトではクォーターバック(以下略QB)を務める
QBは言わば戦況を判断してチームに命令を下す戦場の司令塔、アメフトの花形

性格、
面倒見が良い、明智の世話に明け暮れていたら自然とそうなっていた
調子はほどほどに軽く、付き合いは浅く広く
その実は周囲や人に対して信頼を置いておらず
頼れるのは自分の力だと思っている
自らそれを言うことはない
周囲や世間がどう言うよりも、自身の良識や信条に従う

グレてからも面倒見の良さや取っ付きやすさは変わらないが一点だけ前と違うのは
言動に皮肉が多く見られる様になった

本気で怒ると口よりも手が出る

行動原理、
部活をやめて時間が余ったから暇つぶしにユーチューバーを始めた

趣味、嗜好
スポーツ全般が好き、また試合鑑賞も好む

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です