畑ノウハウ、あなたもこれで農場監督官~②

前回の続きです。

3、必須な要素

さらに食物の生育には必須な栄養素があります。
それらはチッ素、リン酸、カリウム、カルシウム、マグネシウム、亜鉛、銅、塩素などです。
・苦土石灰(くどせっかい)
土のアルカリ性を強めるために使います。
白色の粉末状、もしくは粒状で
ドロマイトという鉱物を主原料とします。
成分は炭酸カルシウムと炭酸マグネシウムが主成分です。
土壌に振り撒いたら最低1週間は空けてから植え付けをします。
消石灰であれば10日〜14日ほど。
有機石灰は散布直後に植え付けが可能です。

・チッ素
作物を大きく長く育てるため養分不足すると
成長しないだけでなく、品質が悪くなります。

・リン酸
作物が花や実をつけるため必要で
適量を与えられないと実らないです。

・カリウム
根の成長に関わり、足りないと枯れてしまいます。

4、有機肥料

・たい肥
有機肥料の一種です。
落ち葉や野菜くず等を発酵させたもの。
野菜の皮、植物系は匂いが気になりません。
肉や魚の動物系生ゴミは埋めると
メタンガスが発酵されるので臭くなります。
貝殻や骨は硬いので浅く埋めると残ります。
なので入れる場合は深く埋めます。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です